水害車 買取

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

水害車だけどまだ乗れるかも?冠水した車の取り扱いについて

 

 

冠水した車の取り扱いについて

 

水害による愛車の冠水は一昔前であれば、
かなり特殊な事例でした。

 

 

 

近年ではゲリラ豪雨などの影響もあり、
日常的なリスクの1つとして
考えられるようになっています。

 

 

 

そこで冠水した車の取り扱いについて、
考えてみましょう。

 

 

 

場合によっては乗ることが可能

 

水害にあった車ですが、
そのまま乗ることは可能なのでしょうか。

 

 

 

基本的に少し前までは
水害車である時点で廃車もしくは

 

 

買い替えを勧められていたのですが、
最近では状況が変わってきています。

 

 

 

先述のように気象の問題で
水害が多く発生することになったので、

 

 

 

場合によっては修理をして
乗り続けることも可能です。

 

 

 

車は非常に水に弱いので
冠水したとしても、

 

 

 

どのレベルかによって
大きく取り扱いが変わってくると
考えてください。

 

 

 

冠水の目安はフロアカーペット

 

そもそも冠水といっても、
どの程度まで水に浸かるのかで
大きく異なります。

 

 

 

そこで1つの目安となるのが
フロアカーペットにまで
浸水したかどうかです。

 

 


フロアカーペットにまで
浸水していないのであれば、

 

 

 

修理をすれば
乗り続けられる可能性もあります。

 

 

 

フロアカーペットよりも浸水した場合は、
どうなのでしょうか。

 

 

 

シートの座面くらいの高さの浸水ですと、
もう買い替えを考えた方が良いです。

 

 

 

なぜなら車に搭載されている
コンピュータ部品が
すべて水に浸かってしまうからです。

 

 

 

このケースで修理をした場合、
中古車もしくは新車が購入できるほどの
費用がかかってしまいます。

 

 

 

しかしこれだけの費用がかかっても、
完全に修復するのは難しいでしょう。

 

 

 

余程大切な車でなければ、
フロアから30cm程度まで冠水すれば
乗り換えを考えた方がお得だと言えます。

 

 

 

ちなみにフロアカーペットまで浸水した場合、
必ず臭いが残ります。

 

 

 

この臭いがかなり強烈なもので、
結局は車を手放す選択する人が多い一因です。

 

 

 

最近では、水害車でも
買取をしてくれる業者が増えています。

 

 

 

それはパーツ取りをしたり、
海外に輸出することで利益が出せるからです。

 

 

 

少し前までは廃車にするしか
選択肢がありませんでしたが、

 

 

 

買取をしてくれる業者が多くなったことは
ユーザーとして嬉しいことでしょう。

 

 

一般的な中古車の買取査定に比較すると
買取額は低くなりますが、

 

 

 

廃車にするとしても
費用がかかりますので、

 

 

 

売却も選択肢に入れておくのを
お勧めします。

 

 

 

 

また、水害車を専門とする
業者などもありますので、

 

 

 

まずは見積をもらうなどで
検討してください。

 

 

 

冠水被害を受けた水害車は、
乗り続けるのが難しいです。

 

 

 

冠水のレベルがフロアカーペット程度ですと、
修理を検討する価値はあるでしょう。

 

 

 

>>>水没しても諦めない?エンジン損傷させないための方法