水害車 買取

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

冠水してしまった水害車の嫌な臭いはいつか消えるのか?

 

 

冠水してしまった水害車の嫌な臭いは
いつか消える?

 

冠水をした水害車で、
最も大きな被害といえるのが臭いです。

 

 

 

水害車には独特の臭いが残ってしまうのですが、
いつか消えるのか気になる人も多いでしょう。

 

 

 

水害にあった場合の臭いについて、
詳しく見ていきます。

 

 

 

臭いは放置していても消えない

 

最近では異常気象などの影響もあってか、
浸水被害に遭う車も増えました。

 

 

 

この浸水した車のことを水害車、
冠水車などとも呼ぶのですが、

 

 


最も困るのが臭いなのです。

 

 

 

水害では様々なものが含まれた水が
浸水してきます。

 

 

 

特に河川の近くであれば、
川底に沈んでいる汚泥などを

 

 

 

含んだ水になるので
余計に臭いが酷くなるそうです。

 

 

 

海抜が低いところで
雨水がたまっているケースでの

 

 

 

被害にしても、
臭いは発生します。

 

 

 

フロアカーペット辺りまで浸水すれば、
ほぼ確実に起こると考えてください。

 

 

基本的に車内は
通気性が良くないものですし、

 

 

 

内装品は浸水してきた水を
どんどん吸い込んでしまいます。

 

 

 

しかし車内にたまった水分を
早急に乾かすのは困難です。

 

 

 

最終的に水分が残っている場所から
カビや細菌が繁殖しますので、

 

 

 

臭いがどんどん
酷くなっていくのです。

 

 

 

 

この水害による車内の臭いなのですが
放置していても消えることはありません。

 

 

それどこかカビや細菌が
繁殖を続けていきますので、

 

 

 

臭いは酷くなる一方だと
考えてください。

 

 

 

仮に掃除をするとしても、
内装品をすべて外してしまう必要があるので

 

 

 

素人には
難しい作業になるでしょう。

 

 

 

目に見える範囲だけをキレイにしても、
意味がありません。

 

 

 

水は細かい部分にまで
入り込んできますので、

 

 

 

それこそパーツをまるごと
洗浄しないといけない状況だと言えるのです。

 

 

 

専門の業者に依頼をすることで、
臭いをマシにすることはできます。

 

 

 

しかし完全に臭いを除去するのは、
業者でも難しいと考えてください。

 

 

 

ちなみに臭いの除去だけでも
数十万円単位で費用がかかるケースが多いです。

 

 

 

場合によっては、
もう少し安く対応できるかもしれませんが、

 

 

 

どこまで冠水したのかでも
大きく変わってきます。

 

 

 

芳香剤使用はNG!

 

ここでポイントになるのが、
水害者の嫌な臭いを消したいからといって

 

 

 

芳香剤などを使って
臭いの上書きをしようとするケースです。

 

 

この場合臭いの成分が混ざり合ってしまって、
余計に悪臭へと発展する可能性も少くありません。

 

 

 

よほど臭いの相性が良くなければ
上書きすることはできませんので、

 

 

 

消臭剤や芳香剤などは使っても
大きな意味はないでしょう。

 

 

 

悪化させないことを考えれば、
使わないほうが良いと言えます。

 

 

 

冠水した水害車には、
キツい臭いが発生してしまいます。

 

 

 

この臭いは放置していれば消えるものではなく、
ますます酷くなると考えてください。

 

 

 

専門の業者に依頼をしたとしても
費用の割には完全に消臭できるとは

 

 

 

言い難い面もあるので、
十分に検討するのをお勧めします。

 

 

 

>>>水害車が高値で売れることもある?