業者間で水害車の査定価格が違う理由とは

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

業者間で水害車の査定価格が違う理由とは

水害車,買取,業者,違い

 

水害車の査定価格が違う理由

 

買取業者に水害車を査定してもらうと、買取金額に若干の違いが見られる場合があります。
例えば、A社が5万円で買い取ってくれるのに対し、B社なら7万円、C社は11万円などのように、
業者間で買取価格が倍以上違うことも珍しくありません。

 

 

 

しかし、同じ水害車なのに、何故買取価格が異なってくるのでしょうか。
まず考えられるのが手数料です。買取業者によっては、水害車を運搬する料金、
廃車届けの手続き代行費用など、手数料を差し引かれる場合もあります。

 

 

 

そのため、査定時にこれらを差し引いた金額を提示していることがあるのです。
逆に査定結果に手数料を含まない業者もあります。
この場合、買取金額が査定結果より安くなるので注意が必要です。

 

水害車の買取目的による違い

 

次に水害車の買取目的による違いが考えられます。
水害車の買取目的は業者により異なりますが、部品やパーツを回収するだけでなく、
海外へ輸出する業者も少なからずあるのです。

 

 

 

海外輸出を行う業者の場合、車種によっては20万円以上の値段で買い取ってくれることもあります。
買取目的が査定に与える影響は大きく、買取金額の差となって現れるのです。

 

水害車,買取,業者,違い

 

複数の業者に査定してもらったら、まず比較を行うのが良いでしょう。
買取金額を見比べるだけでなく、手数料の有無、
そして業者の評判をチェックすることも重要です。

 

 

 

水害車の買取価格によっては、車の買い替え費用に影響します。
水害車を売って買い替える予定の方は、慎重に業者を選びましょう。

 

 

 

>>>業者の買取方法・買取エリアに注意しよう