どこまで耐えられるの?車の耐水性と水害車となる条件

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

どこまで耐えられるの?車の耐水性と水害車となる条件

 

 

耐水性と水害車となる条件

 

最近では、愛車が水没するケースが増えています。
少し前まであれば車が水没するのは稀なケースでしたが、

 

 

 

昨今ではゲリラ豪雨などの被害もあり、
いつ水害にあってしまうかわかりません。

 

 

 

車の耐水性や水害車と判断される基準に、
スポットをあててみます。

 

 

 

判断基準はフロアカーペットまで

 

水害車と判断される基準ですが、
一般的には、フロアカーペットまで
浸水してきたレベルであると考えてください。

 

 

 

車内の床にまで水が浸水すれば、
水害車としての判断がなされます。

 

 

 

ただ、フロアカーペットが濡れたという程度ですと、
大きな被害が出ないケースが多いでしょう。

 

 

 

この程度の浸水であれば、
修理をして乗り続けることも可能です。

 

 

 

ただし、早めに対処をしなければ、
浸水の影響から車内にカビが発生するなどで
悪臭が出てしまいますので注意してください。

 

 

 

フロアカーペットを超えて、
シートの座面の高さ程度にまで浸水したとなれば、
ほぼ修理は不可能です。

 

 

 

車に積まれている電子回路なども
浸水の被害を受けますので、

 

 

 

仮に修理できたとしても
100万円単位の費用がかかってくるでしょう。

 

 

 

さらに修理が終わっても、
腐食やサビのリスクが残ることになるので、
できれば乗り換えを検討してください。

 

 

 

耐水性は期待できない

 

では車の耐水性についても考えてみます。
基本的に車というのは、
構造的に耐水性がほとんどありません。

 

 

 

ですが、雨の中を走ることもあるので、
ある程度は考えられているのも事実です。

 

 

 

時計に例えるのであれば、
耐水性能は生活防水程度
でしょう。

 

 

 

多少は濡れたとしても大丈夫ですが、
本格的な耐水装備はされていません。

 

 

 

車のエンジンは、吸気と排気を
しなければいけないものなので、
密閉することができません。

 

 

 

車内にしても完全に密閉してしまうと、
乗車している人間が
呼吸することもできなくなります。

 

 

 

つまり車は、完全に防水仕様にするのが
難しいと考えて良いでしょう。

 

 

 

気象の変動から、
水害を被るリスクそのものは増えています。

 

 


年に1度あるかどうかのことに対して、
完全な耐水性を備えた車が欲しいというのは
合理的ではありません。

 

 

 

一部の車種には
耐水性を加味したものもありますが、

 

 

 

一般的な車種と比較をしても
マシであるという程度です。

 

 

 

完全に防水するとなると、
水陸両用車のような特殊なものを
購入するしかないでしょう。

 

 

 

滅多にないことですので、
水害のリスクを考慮するのなら

 

 

 

車両保険に加入する、
または、被害に合わないように
自衛するのがいちばんです。

 

 

 

車の耐水性は構造的に、
高くできるものではありません。

 

 

 

ただ日常的に使うものですので、
生活防水レベルであると判断して
間違いないです。

 

 

 

水害車であると判断されるのは、
フロアカーペットにまで、
浸水があるかどうかだと考えて良いでしょう。

 

 

 

>>>車両保険による水害車の補償が出るケースと出ないケース