水害車は廃車…する前に査定してもらおう

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

水害車は廃車…する前に査定してもらおう

水害車,買取,廃車

 

水害車は廃車する前に査定

 

台風などの自然災害によって車が水に浸かった場合、一般的には水害車と見なされます。
中古車市場ではほとんど取引が無く、性能にも影響を与えている可能性があることから、
大抵の水害車は買取を拒否されてしまいます。

 

 

 

水がどこまで侵入したか、車の内部を隅々まで点検する必要がありますし、
修理代も高額になることが多いからです。それらの費用を加味すると、
仮に買い取ったとしても中古車業者の利益はマイナスになるでしょう。

 

 

 

販売店でも、水害車自体取り扱っていないケースも珍しくありません。
しかし、これは中古車市場全体を見た場合の話です。

 

水害車,買取,廃車

 

確かに中古車としての価値は無いかもしれませんが、鉄やプラチナと言った資源、
ホイールなどの部品を個々に見た場合、決して価値がないと言えるでしょうか。

 

 

 

鉄のような資源は常に需要があり、車体から回収すれば再利用できます。
車のパーツも別々にばらせば、中古部品として他の車種に流用することも
不可能ではないでしょう。

 

水害車の専門買取業者

 

実はそれらの回収をするために、水害車の買取を行っている業者もあるのです。
もし中古車の買取業者に買取を拒否されたら、
水害車の専門買取業者へ査定を依頼しましょう。

 

 

 

車が水に浸かったからと言って廃車にする必要はありません。
逆に廃車費用を請求され、最終的に損をするだけなのです。

 

 

 

もし数万円でも売却できたらどうでしょうか。新しい車の買い替え費用に充てることもできます。
そのため、廃車を選ぶ状況になったら買取を検討をしてみましょう。

 

 

 

>>>水害車は修理してから売るべき?