水害車の修理費用は高額?乗り続けるより買取が安心なのか

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

水害車の修理費用は高額?乗り続けるより買取が安心なのか

 

 

水害車の修理費用は?

 

水害を被ってしまった車は修理した方が良いのか、
それとも乗り換えた方が良いのか
悩んでしまう人も多いでしょう。

 

 

 

めったに合わない災害だけに、
どうしても対応の仕方がわからなくても
無理はありません。

 

 


そこで水害車の修理費用などに
スポットをあてていきます。

 

 

 

基本的な事項として車は精密機器の集まりですから、
水は大敵なのです。

 

 

 

つまり水害を被ってしまうと、
かなり高い確率で乗り続けるのが難しくなります。

 

 

 

ただ、どの程度の水害であったのかで、
対応も変わってくるでしょう。

 

 

水害者の修理費用

 

まず水害者の修理費用ですが、
安くても50万円程度で、

 

 

 

高くなると100万円以上
かかってくると考えてください。

 

 

勿論、水害といってもほとんど浸水がなければ、
もう少し安価になることもあります。

 

 

 

しかも、それだけの修理費用を支払ったとしても
元通りにはなりません。

 

 

 

なぜなら、一度浸水された車は
サビや腐食がかなり進みやすくなるので、

 

 

 

将来的にトラブルを起こすリスクが
高くなるのです。

 

 

 

使われている部品すべてを交換するのは
現実的ではありませんので、

 

 

 

どうしても修理には限界がある
と言って良いでしょう。

 

 

 

特に床下よりも上に浸水された場合では
臭いがかなり強くなるので、
乗り続けるのは難しいです。

 

 

 

この結果を考慮すると
修理するよりも買取をしてもらって、

 

 

 

乗り換える方が費用的にも
安くつくはずです。

 

 

 

車両保険に加入しているのであれば、
条件次第では保険金も入りますので
乗り換えもしやすいのではないでしょうか。

 

 

 

水害車でも買取が可能

 

一昔前までは水害車となると、
買取を拒否する業者がほとんどでした。

 

 

 

そのため廃車にするしか
選択肢がなかったのですが、

 

 

近年では、パーツとして海外に輸出をする業者を中心に
買取可能となっています。

 

 

 

水害車でもある程度の価格で売却ができますので、
上手に利用すると良いでしょう。

 

 

 

購入してからまだ最初の車検がきていない、
お気に入りの車だから乗り換えたくない
という場合は、

 

 

 

冠水のレベルを考慮して
乗り続けるかを検討してください。

 

 

 

1つの目安として、床下から
30センチ程度の浸水があれば、

 

 

 

ほぼ修理をしても
乗り続けることはできません

 

 

 

状況などにもよるのですが、
まずはディーラーや

 

 

 

専門の業者の意見を聞いてから
判断すると良いでしょう。

 

 

 

しかし、修理をしてもリスクが残りますので、
水害に合わないことを考えるのがいちばんです。

 

 

 

水害車の修理費用は
高額になりがちです。

 

 

 

一概には言えませんが、
だいたい50万円から100万円以上はかかると
考えてください。

 

 

 

その上修理をしてもリスクがありますので、
乗り続けるよりは
買取をしてもらった方が賢明でしょう。

 

 

>>>水害車や事故車でも買い取っているのはどんな業者なの?