水没しても諦めない?エンジン損傷させないための方法

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

水没しても諦めない?エンジン損傷させないための方法

 

 

水没しても諦めない?
エンジン損傷させないための方法

 

水没車の問題点として良くあげられるのが、
エンジンの損傷です。

 

 

 

エンジンさえ無事なら車としての機能を果たせるので、
修理なども安くすむのではと考える人もいるでしょう。

 

 

 

そこで水害時に、エンジンを損傷させない方法は
あるのか考えてみます。

 

 

 

水没とは成人男性の膝下くらいまで水が溜まっている状態

 

最初に、なぜ水没すると、
エンジンが損傷するのかを解説しましょう。

 

 

 

車の水没というと、屋根まですべて水に浸かる状態を
イメージするかもしれません。

 

 

 

実際には成人男性の膝下くらいまで水が溜まっていると、
水没した状態だと考えてください。

 

 


何故ならこのくらいの高さであっても、
車によってはエンジンが損傷するからです。

 

 

 

車のエンジンの場所は
そんなに低くないと思う人もいるでしょうが、
問題になるのはマフラーの位置なのです。

 

 

 

エンジンは空気とガソリンを
混合したものを圧縮して動いています。

 

 

 

そして使い終わった混合気を、
マフラーから排出する仕組みです。

 

 

 

つまり、マフラーから水が進入することで
エンジンにまで到達するので
水没したのと同じ結果になります。

 

 

 

ウォーターハンマー現象に要注意

 

では、エンジンに水が進入すると
なにがマズいのかですが、

 

 

 

これはウォーターハンマー
起こるからです。

 

 

 

空気を圧縮して動いているエンジンに
水が進入してきたとします。

 

 

 

この時に水が圧縮できればよいのですが、
現実ではそうなりません。

 

 

ピストンに対して圧縮できない水は
壁のようになり、

 

 

 

金属の耐久力を超えて
破損させてしまうのです。

 

 

 

これがウォーターハンマー
なります。

 

 

 

近年の車のエンジンは、
コンピュータによって精密な動きをさせています。

 

 

 

この精密部品の大敵になるのが
水なのです。

 

 

 

電気回路をショートさせてしまうだけではなく、
部品のサビや腐食の原因になるので

 

 

整備をしなければいつ壊れてしまうか
わかりません。

 

 

 

ですので水没した車のエンジンは、
損傷する可能性が非常に高いのです。

 

 

 

水没をした場合にエンジンを
損傷させない方法ですが、

 

 

 

最も良いのは、冠水しない場所に
車を避難させることでしょう。

 

 

 

ともかく車は水に弱いものですから、
水没させないことを考えるようにしてください。

 

 

 

マフラーの位置を高くして水の侵入を防ぐ

 

1つ対策としては、
マフラーの位置を高くする方法があります。

 

 

 

高級な4WD車などでは
装備されているのですが、

 

 

 

煙突のようなパイプをつけて
排気口に簡単に水が進入しないようにしましょう。

 

 


車種によってはまったく
似合わないかもしれませんが、

 

 

 

水没からエンジン損傷を守る
方法の1つです。

 

 

 

水没した車のエンジンは
ほぼ例外なく損傷しています。

 

 

 

損傷を防ぐには、
マフラーの位置を高くする方法が
いちばん確実でしょう。

 

 

 

なるべく水没しない場所に車をとめるなど、
配慮するのが重要です。

 

 

 

>>>冠水してしまった水害車の嫌な臭いはいつか消えるのか?