水害車であることを申告しないで買取査定してもらえる?

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

水害車であることを申告しないで買取査定してもらえる?

 

水害車であることを申告しないで
買取査定してもらえる?

 

水害車であることは、買取査定で
大きなマイナスポイントになります。

 

 

 

場合によってはほとんど
値がつかないこともありますので、

 

 

 

マイナスになることは
申告したくないと考える人も
多いでしょう。

 

 

 

水害車であることを
申告しないままに、

 

 

 

買取査定を受けることができるのかを
解説していきます。

 

 

 

申告なしは告知義務違反

 

申告せずに買取査定を
してもらうことはできますが、

 

 

 

後になってからトラブルが起こる可能性が
非常に高いでしょう。

 

 

 

買取をしてもらう方からすれば、
プロが査定をしているのだから

 

 

不具合については
判断して然るべき、

 

 

 

わからない方が悪いと
思いがちです。

 

 

 

ですが、査定は車をバラして
一つ一つを丁寧に調べるわけではありませんので、

 

 

 

聞かれなくても
言わないといけないことがあります。

 

 

 

これを告知義務といい、
故意に違反してしまうと

 

 

後になってペナルティが
加算されるのです。

 

 

 

基本的に車は
精密部品の集まりですので

 

 

 

水害を被ってしまうと、
どうしてもダメージが出てしまいます。

 

 

 

どの程度の水害を受けたのかでも
異なるのですが、

 

 

 

ほぼ査定による価値は
ゼロになるのが基本だと考えてください。

 

 

 

一見、水害車とわからないケースは要注意!

 

ただ、水害の程度によっては
臭いなども残らないこともあるので、

 

 

 

一見するとわからないケースも
あるのです。

 

 

この時に、先ほどお伝えした
告知義務が発生します。

 

 

 

告知義務については
水害以外にも、

 

 

 

メーターの取替や
交換などがあった点です。

 

 

 

これらについては
査定員から聞かれなくても、

 

 

 

自分から申告しなくては
いけません。

 

 

 

告知義務については
売買契約書にも記載されていますので、

 

 

 

申告しないままで契約した場合は
ペナルティがあります。

 

 

 

ペナルティの内容としては
契約の破棄だけではなく、

 

 

 

買取にかかった費用や
キャンセル料なども含まれるので
注意してください。

 

 

 

勿論契約が破棄になるので、
買取額の返金もしなくてはいけません。

 

 

水害車であることを
隠したままの買取査定は

 

 

 

受けることができても、
後々のトラブルにつながるのです。

 

 

 

こうした制度を悪用して
わざと聞かない業者もありますので、

 

 

 

水害車であるのなら
しっかりと申告するようにしてください。

 

 

 

冠水したかどうかは
関係ありません。

 

 


水害があったのなら
しっかりと申告しなければ、

 

 

 

後でトラブルになっても
文句が言えないからです。

 

 

 

水害車であることを申告せずに
買取査定を受けるのはできますが、

 

 

 

告知義務に違反しますので
お勧めできません。

 

 

 

査定額が下がるから
黙っておきたい気持ちはわかりますが、

 

 

 

ペナルティになる可能性が高いので
しっかりと申告してください。

 

 

 

 

>>>エスティマが水に浸かった!でも14万円で売れた理由