水害車はいつ売るべき?実は早めが良い訳とは

廃車しかないと思っていたあなたへ


  まずは無料で査定してみてください。

      >>>スピード買取比較

水害車はいつ売るべき?実は早めが良い訳とは

水害車,買取,売り時

 

水害車は早めに売る

 

水害車を売却するベストなタイミングはいつでしょうか。
少しでも損したくないなら売却時期に注意しましょう。

 

 

 

車は毎年自動車税を払わなければいけませんが、
4月1日午前0時の段階で所有している場合に課税されます。
必ず納税しなければならず、数万円の出費になってしまうのです。

 

 

 

そのため、自動車税の課税対象から外れる3月31日までに、
抹消登録手続きが終わっていることが望ましいと言えます。

 

売ると決めたらすぐ行動に移るのが良い

 

水害車を売却するなら、遅くとも3月中には業者へ引き取ってもらうのが良いでしょう。
ただし、3月下旬頃から買取業者、陸運局の窓口共に混み合うため、
手続きが4月1日以降にずれこむおそれがあります。

 

 

 

買取業者にもよりますが、手続きに最低でも数日、
遅ければ2〜3週間は掛かってしまうためです。

 

水害車,買取,売り時

 

その都度廃車手続きをする業者もあれば、特定の日にまとめて行う業者もあります。
売却前には、どの程度手続きに時間が掛かるか聞いておくと良いでしょう。

 

 

 

私がエスティマを売却した時期は3月の上旬頃でした。
実は1年前の9月に車が水に浸かってしまい、それからずっと半年間も放置していたのです。
もっと早めに売却するべきだったと思っていますが、いつでも大丈夫だろうと当時は考えていました。

 

 

 

しかし自動車税のことを2月になって思い出し、すぐに買取業者を探した次第です。
何とか自動車税の課税前に売却と抹消登録を終えましたが、本当にギリギリのタイミングでした。
売ると決めたらすぐ行動に移るのが良いと言えます。

 

 

 

>>>水害車の買取業者を選ぶポイント